万引き家族~ネタバレあり~感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと前に話題になった
「万引き家族」を
今更ながら見たので、
感想でも述べていこうかと思います。

キャスト・概要

柴田治(リリー・フランキー)
日雇い労働者。翔太とともに万引きを繰り返し、生活費を稼いでいます。

柴田信代(サクラ)
柴田治の妻でクリーニング工場に勤めています。

柴田亜紀(松岡茉優)
JK風俗で働き、初枝のことを慕っています。

柴田祥太(城桧吏)
父親とのコンビで万引きをしながら生きており、学校には行っていません。

ゆり(りんに改名)(佐々木みゆ)
本当の名前はじゅり。両親に虐待をを受けていた少女ですが柴田家に拾われます。

安藤初枝(樹木希林)
月に一度の年金という低収入で家族を支えています。

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

幸せの条件とはなんなのか

この映画を通して、
1番強く思ったことは
幸せの条件って何だろうなぁ
ってことです。

柴田家ではそれぞれ、
それこそ亜紀以外が犯罪に手を染めています。

治、翔太、りんの3人は万引き。
(治は車上荒らしも)
信代はクリーニングの忘れ物を窃盗。
初枝は別れた旦那の息子からお金を受け取っていました。
(初枝だけ犯罪かは怪しいが)

しかし、この普通じゃない家族は、
お金もない、
周りから見ても最底辺。
なんなら一緒に住んでいることすら
隠している家族です。

でも、作中では笑いあい
家族でけんかをするわけでもなく
幸せそうに暮らしています。

なんならこんな生活も、
楽しそうじゃないかとさえ思ったほどです。

僕がいま
新社会人で学生と社会人の余りの違いに、
打ちのめされているからこそ
そう感じたのかもしれません。

そうだとしても、
お金なんかなくても
はたから見たら底辺家族でも
この家族は幸せの中に生きているんだろう
そう思うことがたやすいんです

ばらばらになることでの安堵

幸せそうに生きる柴田家ですが、
翔太が万引きで捕まったことにより
突然に幕を閉じます。

あまり喋ることのなかったりんも
やっと明るくなって
翔太とも本当の兄妹のようになったのに・・・

本当の兄妹のようになったからこそ
翔太はりんをかばって捕まったんでしょうけど。

翔太の逮捕(年齢的に保護?)により
治、信代の過去の殺人。
死んだ初枝を床下に隠し、
年金を不正受給していたこと。
そして万引き。

あらゆる悪事がばれだします。

その結果、
翔太は施設へ

りんは本当の親元(虐待の親)へ
帰っていくことになります。

この矛盾こそ映画のテーマではないか

翔太とりんはいなくなり、
信代もすべての罪をかぶってしまった。

治は1人取り残されます。

そんな治が翔太とカップラーメンを
食べながら、
語り合うシーン。

その別れ際、
翔太から治へ

「本当はわざと捕まったんだ」

衝撃です。

でも、思い返してみれば
翔太が治の車上荒らしを手伝わないシーンや
初枝がなくなって、初枝のへそくりを見つけて
喜ぶ両親を黙ってみているシーン。

翔太なりに
今の生活に違和感を感じていたから、
捕まったのかななんて思います。

つまり、子どもは子供で
ダメな親を見て成長していたんですね。

その一方、
りんは元の虐待両親のもとへ
返されてしまいます。

そして、また虐待やネグレクトを
受けている描写もしっかり描かれているのです。

正義が悪で正義が正義

警察を筆頭とした
大人たちの力で、
分断された家族。

その子供は

一方は施設で学校にも通えるようになり、
釣りにも詳しくなり、
普通の少年として
過ごせる可能性が見えたわけです。

でももう一方は、
また虐待を受け
1人ボッチになってしまい
この先の未来に光はさしていません。

むしろ、
極貧家族との暮らしのほうが
光さす生活だったのかもしれません。

警察(正義)は、
翔太からしたら正義だったのかもしれませんが、
りんからしたら悪だったのではないかと
僕は感じました。

僕は特別、社会問題に詳しいわけでも
ないので分かりませんが、

今の世の中の
1つの側面だけ見て、
人を悪だと決めつけたり、
正義だと決めてしまうことは
間違っているそんな解釈もできるのではないでしょうか。

「家族」だけど血はつながっていない。
「家族」だけど一緒には暮らせない。
「家族」だけど本当は打算で一緒のいるのかも。

疑問の残る映画ではありましたが、
個人的にはこの映画は、
すっきりと終らないほうが
テーマにあっていると思います。

ではまた、次の感想で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする